汚れの手入れ

キッチンや浴室は、使用頻度が強いためにそれだけこまめなお手入れが必要です。
キッチンで油料理をすれば、壁やその周辺に油が飛び散ります。そのまま放置すれば、そこにホコリや汚れが更に蓄積されますので、拭き取り作業が必要です。
キッチンのみならず、このように「汚れたら手入れする」といった作業は浴室も同じです。
浴室も、毎日使用し続けるに伴い、アカ汚れや石鹸カス、髪の毛などが汚れとして蓄積されます。
汚れが蓄積した浴室は、清潔感も失われる為しっかりとした手入れが必要になります。

コーティングの効果

リフォームを行って、見た目を変えたり使い勝手を良くしたりできます。
使い勝手を良くする中には、「汚れがつきにくくなる」点も含まれています。

キッチンのリフォームで、ガステーブルやIH調理器具、レンジフードなどの手入れを楽にできます。
これは、リフォームによってこれらの器具に汚れがつきにくいコーティングを施しているからです。
調理器具のみならず、シンクや壁なども同様のコーティングがされている場合も多く、これによって毎日のお手入れが格段に楽になります。

髪の毛

見た目的にも良くない浴室に溜まった髪の毛は、リフォームによって簡単に掃除できるようになります。
その理由の1つが、排水口の受け口の作り直しです。

近年では、排水口の受け口が曲線上を描いた作りになっているタイプがあり、この作りによって髪の毛を効率よく集めます。
その為、掃除の時にわざわざ髪の毛を手でかき集める必要もなく、受け口を持って捨てるだけで掃除が完了します。